『長期逆張り』ブログ

長期逆張りで、人生大逆転を目論むブログ

スポンサーリンク

株式投資:5月の運用を振り返ってみる

月が変わりました。

というわけで、5月度の決算をしてみました。と言っても、P/Lまでは作成しておらず、純粋にB/Sの、しかも当座資産と固定資産だけの推移ですが…

具体的な金額を記載するのは避けますが、5月度の資産状況は、小幅にプラス(+0.9%)という結果でした。

ANAホールディングス(9202)

5月度の運用実績を見ると、ANAホールディングス(9202)が堅調に伸びてくれました。

(チャートはカブコム証券のものです。)

あの、「社長交代」の記者会見の日、株価は一気に下落しました。多少持ち直したものの、それでもパッとしなかったんですよね…

で、このくらいの時期、僕はANAホールディングスの株を買いました。

クロス取引とかではなく、現物買いです。

その後も上がったり下がったりを繰り返しました。

それまでANAホールディングスの株価の推移をモニタリングしていなかったので、何が要因で上がったり下がったりするのかが当初は掴めなかったのですが、1〜2ヶ月ほどホールドしてみて、分かってきました。

今ではどっしり構えていることができます。というか、長期保有銘柄にします。

6月の運用方針

さて、6月の運用方針ですが、個別銘柄を新しく買い付ける事は考えておりません。

が、もしかしたら優待狙いで、どこか買うかもしれません。

また、8月の航空券を日本時間の5月16日に決済したのですが、どうやら15日で決済されてしまったようで、キャッシュフローが狂ってしまいました。その関係もあって、新しく現物を買うのはちょっと抵抗があります。表題とはずれてしまいますが、その他自動車税を支払ったり、確定拠出年金の支払いも始まったので、キャッシュにゆとりがある状況ではありません。

というわけで、6月が地味な運用になるかと思います。

それではー!